稼ぐ・もらう・満たす情報収集日記 Amazonライブリンク
アフィリエイト,懸賞での小遣い稼ぎを実体験から稼ぐ情報・使える情報使えない情報SEO対策、アクセスアップ大暴露・その他欲をみたす極み・珍情報。 いかに有意義に楽しく生きるかお得な情報収集日記。     
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Amazonライブリンク

   みなさんつかってますか?
   
 商品リンクを貼っておくだけで自動更新される画期的な機能です。メリットとしてはかなり大きいと思います。右のほうみてもらえば私もつかってるのわかると思いますが^^大きく分けて
機能が・・・
  と。。その前に人気blogランキング←毎度×2クリック協力感謝します^^
内容の続き↓   
ライブリンクには4つの種類があります。

・イージーリンク
特にジャンルを決めず広告をランダムで表示するリンク方法です。
こちらが特に指定しなくても勝手に広告を入れ替えてくれるので楽と言えば楽ですが
その分対象が定まりにくく、効果は上がりにくいと思います。
その為、広い話題を扱うサイトや絶対的なアクセス数が多いサイトに向いています。

・キーワードリンク
あらかじめ表示させるページに関連するキーワードを設定しておくことで
そのキーワードに関連した商品の広告を出してくれるリンクです。
そのページに一番ふさわしいキーワードを設定する事でターゲットを絞る事が出来ます。

このページの左側に出ているのがこのタイプです。
全てのページに同じキーワードを使い回すのではなく、それぞれに合ったテーマを選んだ方が
広告効果は高まるでしょう。

・ベストセラーリンク
各ジャンルの最新ベストセラーを表示させます。
ジャンルごとに今一番売れている商品=買いたいと思っている人がたくさんいる商品を
表示する事ができます。

・ジャンル別ベストセラーリンク
これはベストセラーリンクよりさらに対象を絞りたい時に使用します。
例えばあなたのページが「太宰治」を扱うページだったとしたら
ベストセラーリンクの「和書→文学・評論」を選ぶよりも

ここから「全ての商品 > 本 > ジャンル別 > 文学・評論 >
著者別 > 日本の著者 > た行 > た > 太宰治」

を選んだ方が訪問者の好みにあった広告が表示される事になります。

しかしここで注意しなければならない点があります。
あなたの「太宰治のページ」が
非常にコアなファン(マニアックなファン)の集まるサイトだとしたら
この広告は意味があるでしょうか?

おそらくそういう閲覧者の家の本棚には「太宰治全集」がすでに納められている可能性が
高い事が容易に予想できますよね。

すでに持っている人に同じ内容の商品を勧めてもあまり意味はありません。

そういう時はその人たちが他に好みそうな作者の著書や
似たようなジャンルの商品のキーワードにしておくなど
「サイト訪問者の見極め」も売り上げを上げるための重要な要素になります。

ライブリンク自体は『Amazon』に登録していればだれでもフリーで使えます。Amazonのアフィリエイト(アソシエイトプログラム)は誰もがやってると思いますのでぜひ掲載してみるといいですよ^^

 ちなみに前に私がAmazonで購入した『アフィリエイトで手堅く5万円稼ぐ50のコツ』には

  「楽天やアマゾンは商品点数が多いので成果を上げやすい。というより楽天やアマゾンで成果を上げれなかったら、アフィリエイトでお金を稼ぐのを考え直したほうがいいと思う」・・なんてかいてある><

 まあ。。すくなからず私も含めてみなさん結構本読んでます、しかも
アマゾンから購入(本だけでなくさまざまな商品)が多いです。Amazon自体まだとゆう方はぜひ登録したほ~がいいですよ♪ここからも登録できます↓




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitoc.blog59.fc2.com/tb.php/18-ae890b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。